HAKUBA カメラリュック ルフトデザイン アーバンライト バックパック Sを買いました

最近買ったカメラリュックのレビューです。

 

今までのカメラ持ち運び

 

コールマンのリュックにインナーカメラバッグを入れてた。インナーボックスはどんなバッグにも入れられるので今も重宝しております。しかしだな、だいたいバッグの1番下に入れることになるので取り出しがちょっと面倒なのである。

それとコールマンのリュックがヘタってきたという理由もあってカメラ用のバックを買うことにした。

 

大き過ぎないやつがいい

 

カメラ用バッグはやはり男性向けのデザインが多い。

夫はイカツイリュックのカメラバッグとほどほど小ぶりな肩掛けのカメラバッグを持っている。

 

肩掛けのカメラバッグはカジュアルなデザインが多く女性が持っても違和感ないものも多いし使い勝手もいいんだけど、私の場合肩凝りと腰痛を抱えているため肩掛けは無理でリュックしか選択肢がない(普段の通勤とかもリュック)

 

首の負担がZEROフックを使ってみたい

 

いつでもシャッター切れるようにと思ったら首から下げとくのがいいわけですが、ミラーレスとはいえα7iiを首から下げてると首が死ぬ。

しかもレンズが重いとバランスが悪くなる。RX100ですら、一日中首から下げてれば次の日首痛い。。

で、これいいじゃん!と思ったのですが、小さいリュックにはこれを付けられるアジャスターがあるものが少なくて、おおきなバックパックばかり。

 

 

首の負担がゼロフックがセットになったリュック

見つけた瞬間これだと思いましたw

しかもかなり小さい。

レンズ付けたカメラとレンズもう一本くらいあれば十分なので(重さ的に快適に動けるのはそれくらいなので)

こちらを購入!

 

どれくらいのモノが入れられるか

 

α7ii + SEL2470

インダスター + ヘリオス

長財布 化粧ポーチ ハンドタオル

500mlペットボトル

ポケットのところに予備バッテリーなど

 

上記でけっこうパンパンです。たぶんタブレットなら入りますがPCは入りません。

そう、PC入らないのが通勤にはちょっとね。

A4がギリギリ入るタブレット入れスペースがあるけど本当にA4がギリギリなので気をつけましょう。

これ一つで旅行は無理。

着替えとかの荷物をキャリーバッグに入れて預けたりロッカーに入れてカメラは常時首からぶら下げたいならアリ。

逆にこのリュックにカメラを入れない場合、下の気室にもモノが入れられるのでそこそこ入ります。仕切りも動かす事できるので普段使いもありっちゃあり。

カメラずっと首にかけてて仕舞わないけど首の負担軽くしたい人にもオススメである。

 

背負った感じ

首の負担ZEROフックに関しては、首の負担ゼロとまではいかないがかなり軽減される。軽減された分がどこに来るかといえば肩と胸である。

首に100%負担がくるよりはかなり快適で翌日の首の痛みはほとんどなくなった。

フックから外れたりフックが壊れたとしても首にかかっているのでカメラが落ちない安心感もある。リュックを降ろす時には注意が必要だが、フックから外して首にかけてからおろせばいいだけなので簡単である。

 

そしてリュック自体がかなり軽く(600gない)、肩紐の部分が少し硬さのある?(ハリのあると言えばよいか)ものなので肩の負担も軽減されている気がする。

 

まとめ

小さいカメラリュック探している人にオススメ。

荷物最小限派向け。

常時首にカメラかけてたい人にもオススメ。

 

荷物の多い人や三脚いつも持ち歩く人、レンズ何本も持って歩く人には容量が足りません。

PC持ち歩く人も厳しそう。

 

首の負担0フック使いたい人はぜひHAKUBAのカメラリュックシリーズチェックしてみてください。

  

サイズの大きい種類もあったのでそこそこの大きさがいい人は↓が良さそう。