キットレンズ買う派 買わない派

一眼(レンズ交換式カメラ)を買うときには、キットレンズというレンズセットのお得なパッケージがある。

一眼カメラはレンズとボディが合わさって初めて写真が撮れる。

特に初めてのカメラならキットレンズ付きのパッケージを買う人が多いだろう。

だいたいがズームレンズがセットになっているパターンだ。

 

キットレンズ買う派と買わない派

 

例えばα7からα7iiiに買い換えるならマウント同じなのでキットレンズ買わない人が多いだろう。

問題は最初にカメラ買う時と違うマウントのカメラを買う時だ。

初めてカメラ買うときにカメラ趣味の人にどれ買ったらいいか相談したりする。そうするとキットレンズ買え派買うな派がいる。

まずはキットレンズで撮れ、という人とキットレンズ買わずに最初からいいレンズ買え、という人がいる。

 

買え派の意見

キットレンズはお得である。これは間違いない。

最初からお金かける必要はない説。キットレンズ以外のレンズはそこそこ高い。今後熱心に写真撮るかまだわからないのでまずはキットレンズで撮って物足りなくなったら買い足せばいい。

高いレンズ買っても使いこなせないでしょという話。

なんだかんだズームレンズは便利なのでキットズームを持っておくと便利、という話もある。安いズームレンズを持っておいて2本目に50mmあたりの単焦点を買ったらいいじゃんという意見。

 

買うな派の意見

キットレンズは微妙なので最初から良いレンズ買った方が良いという意見。

キットで付いてくるレンズが明るくない。たしかにズームレンズキットとかで付いてくるのはf3.5-f5.6みたいなレンズが多いのでf1.8くらいの明るいレンズが欲しくなるのは目に見えてる。そしてf1.8の50mm単焦点とか買ったらもうキットレンズの写りに満足できなくなる。結果使わなくなるのでキットレンズ無駄じゃない?という話。

 

私はキットレンズ買うな派

相談されたらキットレンズはやめてそのマウントで高評価でコスパの良いレンズを買えとアドバイスする。

なぜならオートでさっと撮ってiPhoneよりいい写真撮ろうと思うとそこそこいいレンズじゃないと感動を得られないから!

写ルンですと比較する時代ならいいけれどみんな写りのいいスマホをいつも持ち歩いてる。だからちょっと綺麗に撮れるくらいじゃカメラ持って歩かない。こんな綺麗に撮れるの?!っていう感動がないと持ち出す気にならない。

全てカメラ任せで撮っても素晴らしい写真が撮れないとハマらないんじゃないかなと思う。

あとは予算の問題。追加レンズを買うための予算を今後捻出できるかどうか。見通せないならボディ買うときに奮発していいレンズ一緒に買った方がいい。仮にカメラに飽きて処分することになってもレンズはそんなに値崩れしないし。

 

 

私はキットレンズ付きを買わずにボディとズームレンズを買いました。

単焦点と迷ったけど2-3歳の子供撮ること考えたらズームレンズだなと思い24-70mmを買いました。

24mm側なら隣に座ってても撮れるから便利。

ツァイスだから写りもよいです!