腹黒く時短勤務

DSC00021

うちの猫はお腹だけ白いです。

腹黒く時短勤務していこう

別にズルするとかではないです。

復帰後のスタートダッシュでデキる印象を与える

育休から復帰して時短勤務の場合、大人と真面目な話できることや誰にも邪魔されずにトイレ行けるとかそんなささいなことに喜びを感じてしまうので、仕事も張り切ってしまう!
そして帰る時間が決まってること、明日子供が熱出して仕事行けないかも、などなど考えてスゴイスピードで仕事しがち。 でもそれで正しい!第一印象(久しぶりだったり)で出来る印象を与えておくことがその後の評価に繋がります。

上司をうまく使う

上司にちゃんとマネジメントして欲しいなんて思っていた時期が私にもありましたが。
お互いの利害を一致させてそれぞれの役割を全うするのが平和に過ごせるコツか…。
管理職も意外と孤独だったりするので共感力で包み結果で殴る。
愚痴言い合えるくらいになったときお互いの役割が認識できてるなぁという印象。

発言をして存在感を出す

会議や打ち合わせではちゃんと発言しておく。そうしないと存在感が薄くなっちゃうし、自分が帰ったあとに勝手に決められてしまったり知らせてもらえなかったり…。
関わるべきことにはちゃんと関わっている姿勢を出さないと。でも関わる意味ないものは早々に抜けるべし。
自分が発言する必要ない会議は出る必要がないことが多い。

時間になったらするっと帰る

私は最近出来てないけど…帰る時間になったらスルッと帰るべき。 だらだらやっていいことは1つもない。

子供の顔を周りに覚えさせる

不妊治療中の人とかいる時には注意した方がいいけど、子供の顔や名前を周りの人に覚えて貰った方がいい。
アピールし過ぎてもうざいけどイベント時の写真見せたり家族参加の社内イベントとかは連れてきて触れ合わせたりしたほうがいい。
その方が周囲も協力する気になる。顔も知らない子より知ってる子のための方が気持ちよく仕事引き受けたり出来るってもんです。
また自分も近い将来子供を…と思っている社員にリアルなところを見せてあげたほうがいい。

自分の働き方を最先端だと思わせる

時短勤務なんて別に珍しくもないんだけど。。
人の価値観はなかなか変えられませんが、女は家で子育てすべき、なんてことを言う人もいるし残業出来ない人は出世出来ないと思ってる人達には、もうその考え方は今の主流ではない古い考え方だ、とわかってもらいましょう。
働き方改革の記事をシェアしたり、時短勤務やパラレルワークで成功している人の記事、勤務時間縮小して成果を出している会社の事例などに触れてもらう。
短い時間で成果出してプライベートも充実させる。それがこれから主流の生き方だと思わせましょう。

よき時短勤務ライフを!